スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな村の小さなダンサー。

昨年公開された映画です。
アメリカに亡命しなおも活躍をした中国の名ダンサー、リー・ツンツンの半生の実話です。

               img01.jpg


主人公のリー・ツンシンは61年に中国の山東省の貧しい村に7人兄弟の6番目の息子として生まれた。少年時代に毛沢東夫人だった江青の政治的な文化政策で、ダンサーを育成する英才教育が実施され、バレエを一度も見たこともないが、彼の才能を見込んだ小学校の先生の推薦によって全国から選抜される。彼は大好きな家族と離れて、不安を抱えながら一人で北京の舞踏学校に入学する。
しかし、寂しさと、愛国心をあおるバレエの訓練に最初はなじめず、落ちこぼれていた。
それから数年経ったある日、先生は本物のバレエの美しさを彼に教えようと密かに持っていた古典バレエのテープを貸し与えた。リーは始めてバレエの素晴らしさに感動し、踊りにのめり込むようになる。
しかし、江青夫人の方針に反抗した疑いで先生は政府に捕えられてしまう。当時の中国ではそれは二度と会うことは出来ない別れを意味していた。

しかし、時を経て、中国で改革開放が実現していこうとする最中、リーはバレエ研修で、思いがけずアメリカを訪ねる機会を得る。この新天地で彼の才能は開花する。
そして、ダンス仲間のエリザベスと愛し合うようになった彼は結婚という形でアメリカに留まる事を決意する。
それも大事な両親との永遠の別れになるという事なのだ。


               img03.jpg
 

少年期から国家の英才教育を受け、アメリカという新天地でさらなる希望と愛にめぐりあい、やがては家族との別離を覚悟して、亡命を決意するひとりのダンサー。
揺れ動く時代の波に飲まれそうになりながらも、けっして自分の夢をあきらめなかったリーの苦悩と勇気ある決断をドラマティックに描き、特に世界で熱狂的な反響を呼んだラストは感動です。


《感想》
何の世界でも同じで、本人の努力と強い意志があれば必ずそれをサポートしたりアシストしてくれる恩人に巡り合うものだと思いました。
WOWOWで何回も放映してくれてるので、今日で2回目を観ました。
この役を演じたダンサーのバレエの美しさもさることながら、ラストシーンはまた大泣きさせられいい映画だった。
今の中国は先進国の仲間入りをしようとしているが、政治的にはあまり変わってないような気がする。
もっとひどいあの文化大革命以前の中国の教育は今の北朝鮮のようなのだ。

これは中国では公開されていない。今はどうだろうか・・・


お正月に映画を何本も借りる方は是非これもいかがでしょう。お勧めですよ。


スポンサーサイト

キャタピラー

若松孝二監督が反戦映画として作った映画です。
かなり強烈だったので、映画館ではどうしても観れなかった。WOWOWで放送してくれたので思い切って観た。
壮絶な映画に出来上がっています。 
ベルリン映画祭で寺島しのぶさんが最優秀女優賞に輝いた作品です。





シゲ子(寺島しのぶ) 夫(大西信満)

太平洋戦争に出兵した夫が、顔面が焼けただれ、四肢を失った無残な姿で帰ってくる。
多くの勲章を胸に“生ける軍神”と村中から祀り上げられる夫。

四肢を失っても衰えることのない夫の旺盛な食欲と性欲に、シゲ子は戸惑いながらも軍神の妻として自らを奮い立たせ夫に尽くしていく。
だが、自らを讃えた新聞記事や勲章を誇りにしている夫の姿にシゲ子は空虚なものを感じ始める。
やがて、夫の食欲と性欲を満たすことの繰り返しの日々の悲しみから逃れるかのように、シゲ子は“軍神の妻”としての自分を誇示する振る舞いをみせるようになっていく。
しかし、勲章をもらい、お国のために戦争に行ったはずの夫は実は戦地で現地の女性たちを襲い虐殺し家を焼き払っていたのだ。


食欲と性欲だけを残し芋虫のようにのたうち回るグロテスクな姿は、だらだらと米国に依存した平和のなか経済を拠り所に生き長らえる我々と何が違うのか。「戦後」は未だ終わっておらず、愚行は何度でも繰り返されることを、若松は切実な思いで訴えかけている。(清水節)(映画.com)


正義の為の戦争、国の為の戦争などはありえないのだと、若松監督は述べています。
反戦としての映画は、このようなグロテスクさを表現しなければ、平和ボケした今の私たちの心に響かないのかもしれません。

寺島しのぶさんはすばらしい!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。