スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後だとわかっていたなら」 スペシャルイベントin原宿

『最後だとわかっていたなら』

                         最後だとわかっていたなら


「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう。
そうすれば、もし明日が来ないとしても、あなたは今日を後悔しないだろうから

株式会社サンクチュアリ・パブリッシングさん主催、原宿のミュージックレストラン・ラドンナのイベントに参加してきました。


            11.30原宿 035


9.11の同時多発テロ事件時に殉職されたある消防士の方が書いてあった詩が反響を呼んで、アメリカの追悼番組や追悼集会で多く朗読されました。それが世界中にチェーンメールで配信されたのです。
その詩はノーマ・コーネット・マレックさんの詩でした。

日本語に訳した「佐川睦」さんは、当時交通事故による後遺症で難病になったお姉さんを家族で必死に看病していました。
しかしながら看病のかいもなくお姉さんは亡くなられるのです。
家族に囲まれながら逝ったお姉さんは優しい顔をなさっていたそうです。

でも、佐川さんの中に後悔が湧き上がるのです。
あんなに精一杯看病しているのだから絶対治るはずと信じていたのに亡くなって、まだやってあげる事があったのではないか、一日三食する時間を割いてでももっとしてあげられたのではないか。
と自分を責め続け毎日泣いて過ごしていたそうです。

そこへ、アメリカの留学時代の友がこんな詩があるから読んでみてとメールを下さったそうです。
この通りなんだ、そうだ同じ思いをみんなに知らせて、悔いのない思いをして欲しいとの願いで翻訳したのが、この本なのです。
出版されたのは2007年、3.11の東日本大震災後また反響が大きくなって10万部に達したそうです。


            11.30原宿 044


英語塾をしてる佐川さんは福島の原発の8キロしか離れてない地域に自宅があるそうです。
その後避難し、英語塾の生徒さん130人とはその後5,6人しか会えずみんなバラバラになってしまったそうです。


今回は、この詩を曲にしたCDで歌手デビューをした秀香さんとのスペシャルイベントです。


            11.30原宿 037


秀香さんはなんと私と同じ歳!
パリコレにも登場し世界のスーパーモデルだったスタイルは美しく宝塚のトップスターのようでした。
気さくなお話でとっても素敵な方です。

秀香さんも長年お母さんを看病し、亡くなられたあとは佐川さんと同じくやはり後悔の念がつきまとったといいます。
いくらお世話をし悔いのないようにと思ってもやはり残された者にしたら後悔はつきものなんですよね。


            11.30原宿 046


佐川睦さんからの言葉
どんな状況のときも「優しい心」で接して欲しい。悲しみも後悔も時には必要で、自分に素直になって欲しい。

秀香さんからの言葉
家族にありったけの愛情を言葉にしてください。


この本を読んで泣けました。夜読んではいけないね^^
でも、後悔はしても悲しみを乗り越えていく何かの足がかりになる詩だと思います。
私も家族に「優しい心」で接しようと心に誓いました。


是非、秀香さんの心に響く素敵な板声を聴いてみてね。

               


サンクチュアリ出版 友友会ファンサイト応援中

スポンサーサイト

この記事へのコメント

てっちゃん : 2011/12/05 (月) 17:55:54

最後だとわかっていたら
やはり 家族で ご飯食べたり 温泉でも行きたいな~

とりあえず 普段から 両親や 子供たちには
感謝してるから
明日がなくても 悔いはのこらなそう。。。

シーブック : 2011/12/05 (月) 20:22:27

私もこの本、整体に置いてあったので読みました。
写真と心にぐっとくる言葉、泣きそうになりました!

秀香さんの歌声、本当に心に響きますね~。
今日という日が最後だとだとしても・・・・
特別なことはきっと必要なくて、大切な家族と
一緒にいられれば良いかなって思います。

感謝や愛情を日頃から伝えたいです。
それだけで後悔しなくて済みますよね。ヾ(゚ω゚)ノ゛

ポンママ : 2011/12/05 (月) 20:27:22

悲しくて泣けました
自分の母が苦手です
でももう82歳 もっと会ってあげたいって思いながらも
行動にうつせません・・・公開絶対にするだろうなって思いながら
いつも暮らしています  
自分の母だから許せない・・こんな母じゃなかった・・なんて
大人げないのかなー私

いつも気になってるのに
気持ちを伝えたいよって思いました

mu.choro狸 : 2011/12/06 (火) 12:17:00

★てっちゃんさんへ
そうね、家族で過ごすが一番かな。
てっちゃんは後悔ないだろうな。いつも優しく接してるものね。

★シーブックさんへ
どんなに尽くしてもどんなに愛情を注いでも、残された人には後悔はつきものでしょうね。
でも、いつも優しい心で家族や周りの人に接していたならそれが軽減されるのかも。

★ポンママさんへ
なんか解ります。
母だから、母なのに・・・って思ってしまうのね。
泣かないでね。いつもそういう気持ちがあるのだから自分を責めないで下さい。
どんなに生前愛しても後悔はするのだと思います。
自分に素直になる。これが大変なんだけどね。


onorinbeck : 2011/12/07 (水) 00:18:45

こんばんは、

 「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう。家族に気持ちを『言葉』で伝えるというのは非常に大事な事ですね。日本人って、家族に言葉で伝えるというのがヘタな民族だと思いますが、言葉にするという事が大事な事なんでしょうね。この本、読んでみます。秀香さんの歌も良かったです。ダウンロードして取っておきました。

mu.choro狸 : 2011/12/07 (水) 10:57:31

★onorinbeckさんへ
そうなんです。
解っていても照れて言えないのですよね。
でも言葉にしなければ伝わらないことってあるんですよね。
後悔はどうしてもつきまといますが、日々そんな気持ちで家族や友人と接していきたいものです。
onorinbeckさんは優しいから大丈夫よ^^

ステップタッチ : 2011/12/07 (水) 11:42:15

私も、突然に逝ってしまった家族がいます。


もっと、話がしたかったという気持ちが続きました

そしたら
夢の中で、きちんと話ができて・・・
気持ちが落ち着いたことを、思い出しました。

mu.choro狸 : 2011/12/08 (木) 10:13:39

★ステップタッチさんへ
思いが通じて夢でお話できて良かったね。
私も父が亡くなってからしばらく夢に出てきて、なぜか子供の頃の自分と家族がいて訳わかんない話して終わるんです^^

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。