スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの想いを『ほっと電報』で。

長く患ってる方はそれなりの覚悟がありますが、そもそも訃報は突然です。

20代後半の頃、元職場で仲良かった友達もお互いに結婚して簡単に行き来できない地域になったので、よく長電話をしてました。
ある日、いつもの様に電話が来たのだけど忙しくてこちらから電話するね、と言いながら忙しさで暫らく忘れてしまってたんです。
電話来るだろうと思ってて、でも来ないから電話してみたんです。一ヶ月位経ってたでしょうか。

ご主人が、「妻はガンで亡くなりました。」と。
身内で葬儀を済ませ、これから親しかった人に連絡するところだったというのです。

後悔しました。若いから死などと想像もしてなかった言葉でした。
体調がすぐれないから、私と話して気を紛らわしていたのかも知れない。
30年過ぎても忘れられません。

彼女に今更ですが、電報ととびっきり美しいお花を添えて贈りたいと思います。

                    電報

フラワーとメッセージをのせたベーシック台紙を一緒にお届けします。
お花は株式会社イーフローラ(日比谷花壇グループ)が運営する全国生花店ネットワークの加盟店にて制作してくれてます。

こういうのも素敵ですね。

                    電報

刺しゅう部分は数珠等を入れる巾着袋としてご利用できます。


これは『ほっと電報』です。
お悔やみ電報はいろいろな種類が揃っていて、弔文は80種類用意してくれてますから、その中から選んだらいいですね。

他に、結婚電報、お祝い電報も多数揃っています。
電文だけのお祝いやお悔やみではなくてお花などを添えて、あなたの気持ちを表現してみたらどうでしょう。


その後友達とお線香をあげに行ったのですが、遺影を真っ直ぐ見れませんでした。

ごめんね。
今は体が楽になって楽しんでますか?たまには夢に出てきてね。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログからの紹介です。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。