スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全や美味しさ重視「三ケ日みかんスイートスプリング」

小さい頃、畑から収穫する人参や大根は曲がってたし、小松菜なんかの葉物は虫食いだったりしてたの。キャベツなんか青虫がいたりしてね。
昔の畑には人糞を撒いたりしてたから青虫などが発生してたのよね。
野菜は農薬によって栄養価が低くなったりします。逆に栄養価は守られるけど、体内に幼虫がはいったりする危険性もあるんですよね。どっちがいいのか解らない。
庭のミカンや柿はちょこっと黄色くなったりしたら早い者勝ちでとって食べてたっけ。

スーパーや生協で野菜や果物は買うけど、本当に器量のいい野菜なんだよね。
消費者が求めてるから美しい野菜にするというけど、私は曲がってるキュウリや虫食った野菜でいいんですけど・・・・
小さい頃の畑も虫除けの農薬を撒いてた記憶はあります。
でも、何度も何度も何度も農薬を撒いて美しく作った野菜や果物を売っていていいのでしょうか。

これは多くの消費者の責任などでしょうが、生産者さん達も売れるからと安易に農薬などに頼って作ってやしませんか?
スーパーのそばの道路で自分とこで採れた野菜を売ってる農家さんから買うこともしばしばです。

長々と書いちゃったけど、今回の紹介は自然農法の特別栽培によって作られたみかん「三ケ日みかんスイートスプリング」です。


          09007.jpg

■特徴 
 ・八朔(はっさく)と温州みかんを交配して育成された品種で皮が硬め、表面がごつごつしているのが特徴的。
 ・果汁もしっかりありますが、酸味が少なくとても甘く感じるので、酸っぱいのが苦手な方におすすめです!!

■栽培方法: 特別栽培
■産地: 静岡県浜松市
■生産者: 外山農園 外山 輝司


みかんは収穫量が多い年と少ない年を一年づつ繰り返し、多い年を「おもて」少ない年を「うら」というそうで、今年は「うら」に当たる年で、樹になっているみかんの数が少なく一つ一つのみかんが大きめサイズなんだそうです。

柑橘類は黒点病やそうか病などといった皮に発生する病気が多いので一般的には皮に病気がつかないよう見た目をとても重視して 農家さんは何度も何度も農薬をかけなければならないそうです。
外山農園さんは食べる人のことを考え、農薬の使用を限界まで抑える事に努力されて栽培されたそうです。


三ケ日みかんスイートスプリングの詳しい事はこちら⇒ http://www.fsec.jp/products/list.php?category_id=254?monipura


原発ではないけれど、今こそ便利で見た目の美しさではなく安全に近いものを消費者は求めていかなくてはいけないでしょう。
病気になって病院通いするのではなく、健康は自分で守る賢い消費者になりましょうよ!

消費者が農家さんの意識改革をしていく!



                         ふるさと21



【3名様限定】三ケ日みかんスイートスプリングをモニタープレゼント!! ←参加中


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。